医療レーザー脱毛は思うよりは痛くない

医療レーザー脱毛は日本人の想像からしますと、かなり痛いというのは印象としてあるものです。

それは昔の医療レーザー機器がかなり痛かったというのが、まるで都市伝説のように言い伝えられてきていることも、ひとつとしてはあるでしょう。時代が流れる中で医療メーカーの脱毛機器は、飛躍的に高機能で改良されてきていますので、昔の脱毛機器とはレベルが全く違うのが、今の医療脱毛の機器でもあります。病院での医療レーザー脱毛は、性別も関係なく、幅広い年齢層の人が、病院で脱毛の施術を受けられる脱毛技術です。

医療での脱毛法では、医療レーザーが現代のメインでしょう。日本での脱毛法でのほかの手段としては、エステサロンで機器を使っています、フラッシュ脱毛法もありますし、あまり知らない人もいるでしょうが、ニードル脱毛の機器もあります。まるでカメラのフラッシュのような光を放つのが、エステサロンのフラッシュ脱毛器の危機であり、低出力の光を照射する脱毛法です。

永久的脱毛をする手段では、ニードル脱毛法もありますが、ニードル脱毛法は現代人には耐え難い痛みであるために、今では受け入れられる余地はほとんどなくなっています。照射エネルギーの低さがあるので、レーザーよりは効率面で劣ります。こうして比べてみましても、中間に位置するのが病院の医療レーザーであり、ニードル脱毛に比べたら、痛みはかわいいものです。医療レーザー脱毛はバランス的にも良いですし、針よりは痛みは少ないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *