エステではできない処理法がレーザー脱毛

医療レーザー脱毛については、美容クリニックなどで提供をしている、病院での脱毛サービスであることは、日本人は知っていることです。

美容皮膚科や美容外科クリニックなどの病院でできるのが、レーザー脱毛という注目の脱毛方法です。エステサロンの脱毛広告は、毎日のように目にはするものの、そのエステの脱毛法とは違ったものです。広告で目にするエステサロンの場合は、サロンの中では医療レーザー脱毛の機器を使うことが認められていません。だからレーザーでムダ毛をなくすなら、病院でできる脱毛を選ぶことになります。

病院の医療脱毛の機器と言いますのは、日本の厚生労働省より、正式に認可を得ている、信頼ある脱毛機を使用していて施術を行っています。病院というゾーンはお医者さんが常駐をしているので、脱毛をレーザーでするにしても、安心をしてレーザーでの処置が受けられます。病院の医療レーザーは永久脱毛の方法であり、レーザーを使って毛母細胞を壊すので、脱毛ができる上に永久性にもなります。

医療脱毛のレーザーのやり方は、スタッフやお医者さんとのしっかりとしたカウンセリングを、まずはすることになっています。契約を無理に勧めることがないのは、エステではなく病院だからです。そこで脱毛をするパーツにレーザーをあてて、照射を行っていきます。毛の根元にはメラニン色素があって、そこへレーザーの熱が反応をして、毛母細胞はこっぱみじんに壊されます。今の病院のレーザー脱毛の機器は、冷却作用がついているタイプもありますので、エステサロンのようにジェルを使わなくても良いこともあって快適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *